head1

最終更新:2016年:1月17日 NURO光がマンションで7階以下にお住まいの方も対応になりました。

2016年になりました!

2015年はNTT東西が光コラボレーションを開始し、各通信事業者が光回線サービスを提供できるようになったことにより、光回線業界も各事業者、代理店、申込者、全ての人にとって今までと違う動きが必要になる時代となっていました!

2016年も引き続き上半期くらいまではその流れを引き継ぐものと思われますが、なんといっても3,4月は新入学、就職の時期というのも重なり新生活でネット契約が必要だよ!という人も増えてきます。

当ブログは2013年より運営を開始し、インターネット契約をする上での注意点やオススメの申込窓口などをその時毎にいち早く情報を収集し、見て頂いている方に提供しておりました。

継続は力なりとはよく言ったものでおかげ様で訪問者数はトータルで73万人と、とんでもない数字を出す事が出来ましたし直接問合せを頂いてネット契約に関する悩みを聞いてきて下さったりと様々な経験もする事が出来ました。

その甲斐あって、2014年、2015年と年間1500件以上のネット回線契約のお手伝いをする事が出来ました。

その実績を元に、2016年チェックしておいた方が良いネット回線を選ぶ時の注意点と共に、2016年オススメのインターネット契約窓口を紹介させて頂ければと思います!

これからの引っ越しシーズンにお役立て下さい!

2015年おさらい!様々な関連企業が自社のサービスと合わせて光回線を提供


thum3

NTT東西の光コラボによりそれまではフレッツ光を申込むとインターネット回線の契約はNTT、繋ぐ為の通信事業者はOCNやBIGLOBEなどのプロバイダ、と分かれていたのですがNTT東西が個人宅への販売を縮小し光回線の卸売りを始めた為、各プロバイダ、関連会社がその卸売りサービスを利用し、光回線と自社のサービスを合わせ、続々と参入してきました。(TSUTAYAとかビックカメラとかも光回線を自社で扱っているんです!)

それにより光コラボ会社各社による顧客争奪戦争が実は起こっていたのが2015年の特徴であったと感じます!

特に印象深かったのは光コラボは2015年4月に開始されたのですが、その直前まで各会社自社のサービスの詳細や料金を公表しませんでした。値段設定なども自社で好きなように出来るので他社よりもより良いサービスを提供する為に相手の価格を見て、それからそれよりも安い価格設定などをしたかったと言う所があったようですが申込む側としてはそんなの関係ない!といった感じです。

残念なのが今までフレッツ光を申込んだ場合は初期工事費などは新規で申し込んだ人は実質かからなかったのが光コラボ会社に申込むと工事費が発生してしまう事でした。それだけでキャッシュバック等の特典があったとしてもそれまでと比べるとお得さがなくなり、光回線の申込を少し敬遠していた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

まだ各社、手探りなところもあったようで申込んだが1.2カ月待たされる等の連絡、開通手続きに関する事務的なところも滞っていた部分もあったようでこれは問題にもなっていました。

2016年からのインターネット契約はここなら皆お得になる!はなくなる。


thum2

光コラボが提供されてから8カ月経ち、この「光コラボ」がどういうものかというのも大分定着してきた感じはありますが、まだまだ「分かりにくい」という声も多いようです。

特に、料金、キャンペーンは各社独自に行っているので結局どこがお得なの?と迷走している方もいらっしゃいます。

●光コラボはNTTの回線を利用している為品質はどこも同じ。


回線の速度を気にする方などもいますが、動画閲覧やネットサーフィンなどでインターネットを利用する場合は会社ごとに提供しているとはいっても元は同じフレッツ光のインターネット回線なのでどこも大して回線の品質に変わりはありません。

●お得さは各会社の様々な割引により申込む人の環境に左右される。


品質が変わらないのであれば気になるのは月額料金になりますがこれも各社そこまでの大差はありません。(一見光回線の月額料金が高くても携帯とのセット割を行っている場合等がある為。)大体戸建ての場合月額3,000円~4,000円代におさまる場合が多いようです。お使いの携帯電話や家族構成等により厳密に値段を出す事が出来なくなったため、その人その人で月額料金も変わってきています。

そんな中でココだけは譲れないし、必ずチェックしてね!というポイントをあえて挙げるとすれば・・・

新規申込の人はココを絶対チェック!工事費がかからないところがお得!


今までフレッツ光は戸建てで新規申込すると工事費が24,000円かかるところを24回の分割払いにして毎月同額を月額料金を割り引くというキャンペーンで実質工事費を無料にしていましたが、それが光コラボが登場したことによりなくなってしまいました!それと同時に各光コラボ会社も新規申込の人は同額程度の工事費がかかるところがほとんどの為、光回線を契約した段階で高額な初期費用がかかってしまう状態でした。

そんな中で多くの事業者が光コラボに参入してきたことにより工事費はいりません!という会社も続々と出てきています!

15000円~24000円程度の費用が発生する為、新規で光回線を申込む人にとって今最もネックになっているのが工事費です。その工事費がないと言うだけで他の会社よりもかなりお得に始める事が出来ます。

何社か紹介。

●Mひかり


大手商社丸紅テレコムが運営するフレッツ光を使ったサービスです。認知度はまだ低いですがかならず必ず2016年筆頭の光回線サービスになると思います。その理由はここが数少ない工事費を無料にするキャンペーンをやっている光コラボだからです。他のところで新規申込すると20,000円程度の工事費がかかってしまうので普通に申込むだけでもMひかりはかなりお得だと思っています。それと同時に月額料金も安く、新規の人は25,000円を開通の翌々月末に貰えます。

↓↓↓↓↓↓




Mひかりの戸建てももちろんオススメなんですが特にマンションだと驚愕で月額料金が2,900円(+プロバイダー料金700円)なので年間43,200円の支払いが必要なところが、工事費19,000円と25,000円で合わせて44,000円お得になるので1年目は差し引きすると一切お金は必要なく光回線を使えると言う事になります。お釣りが返ってくるレベルです。エリアはフレッツ光の提供エリアと同じなのでおそらく2016年再注目の光コラボ会社になると思われます。

●auひかり


光コラボではないですが提供エリアも広くフレッツ光と2大巨頭を成してきた誰もが知っているKDDI提供の光回線です。そのシェアはフレッツ光に及ばないものでしたが、NTT東西の光コラボにより工事費が新規の人はかかるようになり工事費が実質無料で品質の良いauひかりが2015年から注目を集めています。

KDDI自身も2015年は代理店へのコミッションの増額などを行っており、それにより申込者へのキャッシャバックも高額となっていたりとかなり拡販に力を入れていたようでそれは2016年も続くものと思われます!

また固定電話の申込が必須になるがau携帯電話とのセット割「スマートバリュー」で固定回線と携帯の合計料金が2000円割引きになる為、固定電話の500円を加味しても差引通所の月額料金よりも1500円はお得になります。

auひかりは必要のないオプションの強制加入等が必要のない下記代理店NNコミュニケーションズからの申込が一番お得です。ネットだけというシンプルな申込でも33,000円、電話と合わせて申し込むと40,000円が貰えます。価格コムや他社代理店ですとキャッシュバックを受け取る為に申請手続きを別途しなくてはいけなかったりするので貰い忘れをしてしまう人もいるのですが、ここは開通の翌月に自動的に振り込んでくれるのが魅力的です。


●NURO光


こちらも光コラボではなく、ソネットが独自に展開しているNURO光です。関東圏の戸建ての方のみ(マンションは条件によっては可能)世界最速下り2GbpsのNURO光。

※2015年12月よりマンションで7階以下にお住まいの方も戸建てと同じ料金で申込が出来るようになりました!!

サービス提供エリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県です(一部エリアを除く)。となっています。NURO光サイトで郵便番号でお住まいのエリアが対象エリアかどうか?チェックすることが可能です。

2015年はこのブログでもかなりの方が申込んで頂きました。料金は上記Mひかり、auひかりの戸建てよりも安く、もちろん工事費も実質無料なので初期費用も安く月額料金も安い、さらに世界最速の2Gbpsと関東圏の方はNURO光を選ばない理由がないくらい環境的には良い光回線と言えます。



「NURO光」の販売店経由の申込みはこちら【こちらがおすすめ】



申し込みは代理店などを通さずに上記特設ページでソネットに直接申し込むのが吉です。オプションの強制加入など必要なく開通の4カ月後に30,000円が貰えます。(貰う為の手続きが必要な為確認が必要です※特設ページ最下部)

またソフトバンクの携帯を使っている人はNURO光利用開始後ソフトバンクショップで窓口で申請すれば携帯との合計金額が2,000円割引きになる「おうち割り」が受けられます。2016年関東圏の方のNURO光への申込はさらに多いものとになると予想されます!

まとめ、2016年光回線の加入のキーワードは「工事費無料」


フレッツ光からの転用と呼ばれる乗換で光コラボを利用する場合には問題ないのですが、新規でこれから固定回線を引こうと思っている方はどんなに月額料金が安くても工事費は高額な為、初期費用がかかってはお得な申込とは言えないのではないかと言えます。

今後新規の方の申込でも工事費を無料、もしくは実施無料にする事業者が増えてくれれば紹介がこちらもしやすいな!という意見をどこかのプロバイダ会社なり事業者が見ていてくれればよいなと思いますw

是非参考にして頂ければと思います!