hikari


2015年11月15日更新 よりわかりやすくする為に記事の修正・加筆を行ったのと、料金やキャッシュバック額などを最新のものにしました。
2016年1月17日更新 フレッツ光代理店株式会社ラプターの情報を修正しました。
2016年4月6日更新 各種料金・キャッシュバック料金・販売代理店の最新情報を修正しました。


こんにちわ。インターネット不安解消ブログのshimaです!
NTTの卸売りサービス「光コラボ」が2015年4月から開始されました。



光コラボが開始された事によってただでさえ分かりにくいインターネットの契約が


さらに分かりにくいものとなりました。(; ̄Д ̄)


このブログもしばらく様子をみる為に更新もあまりせず動向を見守っていたのですが、顧客目線で見ると


まあひどい!

挙げるときりがないのですが、インターネットを固定回線でやろうかな?
と思っている人も

「なんかとりあえず全然わからない!」となっている人もいるのではないでしょうか?


そこでこの記事では各光コラボを提供している会社の有名所、お得そうな所を料金、工事費などの初期費用、特徴、キャンペーン、フレッツ光との料金比較などをまとめておこうと思います!
新規で固定回線をこれから引こうかな?と思っている人向けですが、今フレッツ光を使っている人も、どこが一番自分には合っているのかなー?という目線で見てもらえればなぁーと思います!


なるべくわかりやすく書くのを意識してますがどうしても複雑な部分もあります!その点はご了承くださいm(_ _)m


まず比較する為にも通常のフレッツ光に今申し込んだらどうなるのか?ってことを東と西に分けて記述しておきます。

必要ない方は下記の光コラボ以降インターネットの契約が出来る会社一覧(全11社)からどうぞ。

11社を比較した結果お得に申し込む為に必要なポイントがある事を感じたので比較はいいから手っ取り早くお得に申し込めるところを知りたいと言う方は

【考察】光回線をお得に申込む時に注意するたった1つのポイント

をどうぞ。


NTT東 フレッツ光


まずNTT東日本が提供しているフレッツ光。

通常料金(全部税抜)
戸建て 5,700円
マンションプラン2 3,350円
マンションプラン1 3,750円
マンションミニ   4,350円

上記は割引等を何も適用していない状態です。
大抵は割引を受けて申し込みをすると思うので今だと「ギガ推し!キャンペーン」が適用となり戸建てだと300円、マンションだと200円割引き、2年単位の契約プランになる2年割という割引で戸建てだと700円、マンションだと100円さらに割引きになります。実質の料金は


戸建て 4700円 
マンションプラン2 3,050円
マンションプラン1 3,450円
マンションミニ   4,050円


となります。

マンションに関してはお住まいのマンションの設備により400円くらい安くなる場合もあります。(設備の都合上ギガタイプ(1Gbps)が使えない建物等)

で、忘れてはいけないのが別途プロバイダ料金が発生します。
最安値のプロバイダBB.exciteだと500円、有名なOCNだと大体1,100円くらいが上記に上乗せされます。
あと初期費用ですが、契約料が800円、工事費が基本的には18,000円(土日休日工事を希望すると別途3,000円)で一括で開通の翌月に払うか、分割にする事も可能で、初回3,000円、2回目以降500円を30カ月月額料金に上乗せする形で払うと言う事も出来ます。(大体は後者)


昔は工事費実質無料とかやっていたのですが、今はやっていないんです


なのでフレッツ光に今申込むともろに工事費がかかってしまうという事です!ここらへんからもNTT東日本自体ではもう個人の申し込みはあまり受けたくないと言う姿勢が垣間見えると言う感じなのです。
次に西日本エリアです。

NTT西 フレッツ光


通常料金(全部税抜)
戸建て 5,400円
マンションプラン2 3,200円
マンションプラン1 3,700円
マンションミニ   4,500円

上記の料金に今だと公式HP限定で「Web光もっと2割」という割引をやっていて、これが以外に安いです。申し込んでから6年目まで


戸建て 3,810円
マンションプラン2 2,530円
マンションプラン1 2,930円
マンションミニ   3,420円



で使えます。

で、こちらも上記とは別にプロバイダ料金が別途500円~1200円くらいかかります。
初期費用は契約料が800円、工事費は戸建てが18,000円、マンションが15,000円。これも一括か分割選べます。


なんだかんだいってまだまだ人気フレッツ光!


ちなみにフレッツ光を検討している方はこのブログでも開設当初から何度も紹介し、このブログからも2000人近く申込んで頂いている下記がオススメです。



プロバイダが最安値のQitで始められる為、どこにお住まいでも絶対にフレッツの中では最安の月額料金で始める事が出来ます。西日本であれば10,000円キャッシュバックが受けられるのでフレッツ光の代理店の中では絶対に一番お得です。
2016年1月17日追記
現在フレッツ光はキャッシュバック等を減額、もしくは行っていない為、現在は上記代理店サイトのトップページ、「光コラボの詳細」よりMひかりの申込をすると月額料金も安く、25,000円のキャッシュバック、が貰えてお得です。


フレッツ光の申込時の注意点や上記の代理店がオススメな理由は下記リンクに書いてあります。

【講座】フレッツ光のキャッシュバック注意点暴露1
【講座】キャッシュバックを一番お得に受けとれるのは?




なんとなーくお分かりいただけたでしょうか?
もうすでに複雑ですね・・・。
ただでさえ分かりにくいのにさらに光コラボで分かりにくくなって、どうしたらいいんだ・・・ブツブツ・・・。





さっ!気を取り直して!(笑)
ここからが本番です!
以上の事をふまえて、各光コラボ会社が提供しているサービスを見ていきましょう!


光コラボ比較インターネットの契約が出来る会社


全部見ると長文なので気になる会社名をクリックして下記の各解説記事に飛んで頂くと見やすいかなと思います(^^)
コラボ光系の会社はこの記事、それ以外のauひかり等は次の記事に書いてあります。
全て見ても料金等複雑な為、不明なところもあるかと思いますが、次の記事の最後にまとめとインターネットを申込む時のポイントなども書いてありますのでそちらもご覧いただければと思います。
各会社の解説最後にここに戻って来るリンクも貼ってありますのでそちらも使って下さい。

光コラボで提供している会社
OCN光
ドコモ光
softbank光
U-NEXT光

格安スマホを使っている人はココ!
so-net光
excite光

最低利用期間なし!転勤や引越しの多い方はココ!

光コラボ以外の通信事業者やエリア限定の電力会社
auひかり
工事費実質無料でキャッシュバックも高額です!
NURO光
東京圏の戸建てに住んでいる方は絶対オススメ!
ピカラ光
コミュファ光

中部地方にお住まいの方はフレッツに比べて安いです!
MEGA EGG



OCN光の料金やキャンペーン


o

光コラボで一番人気のOCN光です。もともとフレッツ光のプロバイダとして人気No1だったのもあり、OCNを利用していたお客さんに電話勧誘などでOCN光に乗換させたりしたのが利用者の増加につながり、光コラボで人気No1になったようです。

で、気になる月額料金ですが、

通常料金
戸建て 6,200円
マンション 4,700円

上記通常料金から2年自動更新型割引というのに加入すると毎月900円割引きになり


戸建て 5,100円
マンション 3,600円



で毎月利用可能とのことです。

で、一個しっかり把握しなくてはいけないのが東日本エリアは速度1Gbpsで無銭LAN付きのルーターにしようとするとプラス300円で5400円、西日本エリアは100円で5200円になります。

スマートフォンが主流の今の時代お家はWi-Fi環境にしたいという方も多いと思うので大体の方はこの無線にする料金もかかるはず。

初期費用は新規だと初月に3,000円、工事費がNTTと同様の仕組みで戸建てが18,000円、マンションが15,000円の一括か分割払いになります。

OCN光とフレッツ光の比較


東日本エリアで戸建てにお住いの場合

仮にフレッツ光申し込んでプロバイダをOCN(月額1,100円)にしたら東日本のフレッツ光は戸建て5,800円になります。OCN光の1Gbps無線付きは5,400円なので比べるとOCN光は毎月300円くらい安くなるってことですね。ん~あんまり安くないですね。西日本はどうでしょう?


西日本エリアで戸建てにお住いの場合

西日本フレッツ光でプロバイダをOCNにした場合、月額4,910円。対するOCN光は無線LAN付きにすると5,200円

西日本エリアは実はフレッツ光とプロバイダ別々に申し込んだ方がOCN光より安い!

って感じになります。

マンションにお住いの場合

マンションの場合はフレッツ光に申し込む場合は料金を上の方に参考として書きましたが、仮にプロバイダをOCNにするとしたら各マンションタイプにプラス900円になります。

で対する、OCN光は3,600円に無線LANを付けると東エリアが月額3,900円西日本エリアが3,700円になります。

お住まいのマンションタイプによって異なりますが、東日本はマンションタイププラン2だとフレッツ光は3950円なので同額くらい。それ以外のマンションタイプだとOCN光の方が安い。
西日本エリアは全体的にOCN光の方が安い。って感じになります。


ただこれはフレッツ光のプロバイダをOCN(月額900円~1100円)にした場合の比較なのでぶっちゃけ500円くらいのもっと安いプロバイダ(BB.exciteとか、とくとくBBとか、Qitとか)にすれば実はフレッツ光にふつうに申し込んだ方が安いって感じになっちゃいます。

OCN光のまとめ

上記で説明したように実は新規で申し込もうと思うとOCN光はそんなに安くありません(爆)しかも工事費も新規契約だとフレッツ同様もろにかかってしまいますし、、、

OCN光は「転用」の人は新規の人に比べて初期費用無料になったり、月額料金が割引になったりと優遇されているようです。ですが新規でこれから始めようと思っている人は正直もっと安くて同じサービスを提供している会社はあるような感じがします。

参考ページ
OCN公式HP
http://service.ocn.ne.jp/hikari/ocnhikari/

OCN光をお得に始めるなら公式HPよりも代理店だとお得です。



新規でこれからOCN光を始める人(正直あまり安くはならないのでオススメはしないです。)は特典として手続をすれば開通から大体半年後くらいに15,000円を指定の口座に振り込んでくれるそうです。これで15,000円かかる工事費がペイになるという感じですね。きっと電話での申込の時にも「通常かかる工事費をウチから15,000円キャッシュバックするので実質工事費無料です!」と言うのでしょう(あくまで予想です!笑)



ドコモ光の料金やキャンペーン


d1

d2

堤真一や綾野剛が出ているCM、看板、ポスターでかなり大きく宣伝しているドコモ光。申込はドコモの公式HPかドコモのコールセンター、ドコモショップのみと言った形です。で、CMとかでもやたら携帯と一緒にするとお得という感じで言っていますが、実際はどうなのか?そこらへんを詳しく紹介します。

まず料金です。多分ホームページとかを見てもよくわからなかったという人いらっしゃるのではないでしょうか??ですが簡単です。


ドコモ光月額料金 タイプA
戸建て 5,200円
マンション 4,000円



選ぶプロバイダにより毎月の料金がタイプAとBに分かれてるんですが、タイプBは戸建て、マンションともにタイプAより200円高いのでプロバイダにこだわりがない人はほぼタイプAを選びます

上記料金は2年縛りがある状態での料金ですが、2年縛りがない状態だと戸建てで1,500円、マンションで1,000円月額料金が高くなるので確実に2年縛りの方がお得です!


ドコモ光とフレッツ光の比較


NTT東日本フレッツ光との料金比較


フレッツ光と比べると、フレッツ光を仮に一番安いプロバイダのBBexciteにするとプロバイダ料金は500円なので、東のフレッツ光は戸建てが5,200円、マンションは3,550円~4,550円になります。

東日本エリアで戸建てにお住いの方はフレッツ光と同じ利用料金なのです。

でマンションはマンションタイプミニ以外はフレッツ光で安いプロバイダを使った方が月額料金は安いんです。

NTT西日本フレッツ光との料金比較


西日本フレッツ光はプロバイダが500円だとしたら4,310円、マンションも高くても3,920円と

フレッツ光の方が戸建てマンションともにドコモ光より安いんです。

ただこれはインターネット料金のみの話なので、ドコモ光を新規で申し込もうと思っている人は

なんか携帯も安くなるらしいんでしょ?

と携帯とのセット割の事を気にしていますよね?

ドコモ光の携帯電話セット割「パケットパック」


インターネットの料金はフレッツ光とあまり変わらなかったり、若干フレッツ光の方が実は安かったりとなってますが、携帯を合わせると話は別です。まずドコモ光と携帯をセットにする事によって受けられる割引は主に二つです。

パケットの割引と基本料金の割引です。

パケットの割引はドコモ光と携帯の契約を一緒にする事によって大体1GBにつき大体100円~200円くらい安くなる形です。

データLパックという8GB毎月使えるプランなら通常より毎月1,000円割引きと言った感じです。ここは携帯のデータ通信料で変わってくるので詳しくは下記リンクの「パケットパック」と言う所を見て下さい。

ドコモ光の料金プラン
https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/index.html


なんとなくイメージできました?


なので、携帯も一緒の料金を考えると


毎月人によっては携帯料金が1,000円くらい安くなる


ので確かに携帯をドコモで使っている人はお得です。

でもうひとつが基本料金の割引。

これはドコモ光を契約している家庭、個人であれば


新規で契約する(MNPもOK)と1年間1携帯料金を1,350円割引きにしますよ!


という割引です。

でも現在ドコモを使っていて機種変の人は対象外です。が、他社携帯を使っていてドコモ光にするのと一緒に携帯をドコモにする!って感じで全部変えたら確かにお得かもしれませんね!(大変そうだけど・・・。)

あとドコモ光の初期費用と工事費です。

ドコモ光の初期費用と工事費


まずドコモ光を契約すると契約事務手数料が3,000円かかります。

で工事費は通常戸建てだと18,000円、マンションだと15,000円なんですが、新規でドコモ光を引く方(フレッツ光からの乗換とかではなく)は工事費が半額になります。で一緒にドコモの携帯電話を新規で契約した人は工事費が無料になります。ちなみに分割はやってなく一括払いのみです。

なので新規でインターネットを引こうと思っている人はフレッツ光だと工事費はもろにかかってしまうのでこの初期費用の部分を見るとこれから携帯も契約しようとしている人はドコモ光の契約はお得ですね!

ドコモ光のまとめ


ドコモ光の料金とかをまとめると、


インターネットだけの料金はフレッツ光と大体同じか、もしくは若干高くなる場合がある。


けどドコモの携帯を使っている人は大体パケット代が1,000円くらい安くなるからお得。


ドコモ光を使っている人で携帯を新規(MNPもOK)でドコモの携帯を使おうかなと思っている人はパケット代が安くなるのと合わせて基本料金が1年間1,350円安くなる。


工事費はフレッツ光だともろに全額かかるけどドコモ光は申し込むだけで半額になる。携帯も新規で契約するんだったらドコモ光の工事費は無料になる


こんなところでしょうか?携帯のプランと合わせるとめちゃくちゃ複雑になるので分かりにくいと思いますが、ドコモを使っているのならわりとお得になるのは間違いないようですね。

参考ページ
ドコモ光の料金プラン
https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/index.html
ドコモ光のお申込
https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/application/index.html



ソフトバンク光の料金やキャンペーン


soft

softbankの携帯を使っている人は気になるsoftbank光。softbankのCMってなんか注目浴びせるだけで内容とか希薄でよくわからなくないという方も多いはずでsoftbank光はドコモ光に比べると料金体系や割引もわかりやすいです。携帯と契約を一緒にすると2年間携帯料金割引になったりもするのでお得感もドコモ光よりは上カナ?と個人的には思います。ってことで料金と費用、割引とかみていきましょう!


インターネットの月額料金
ソフトバンク光月額料金
戸建て 5,200円
マンション 3,800円



上記は2年間の自動更新契約時のもので、自動更新なしプランにすると戸建て6,300円、マンション4,900円と割高になるので絶対自動更新ありプランの方が月額料金的にはよいです。

softbank光とフレッツ光の比較


フレッツ光と比べると、仮にフレッツ光を一番安いプロバイダ(BB.exciteの月額500円等)で考えると東日本は戸建てが5,200円、マンションが3,550円~4,550円なので、


東日本の戸建てはフレッツ光料金と変わらず、マンションはマンションプラン2以外はsoftbank光の方が若干ですが安いです。


西日本のフレッツ光はプロバイダが500円と考えると、戸建てが4,310円、マンションが3,030円~3,920円です。


戸建てはソフトバンク光よりもフレッツ光の方が900円近く同じ光回線でも安いんです。でマンションもマンションタイプミニ以外はフレッツ光の方がだいぶ安いです。


でもソフトバンク光もドコモ光と同じように、携帯とのセット割があるのでそれを加味するとどうなるのか?ですが、

softbank光の携帯電話セット割「スマート値引き」


お家のインターネットをソフトバンク光にするとソフトバンク携帯の台数1台につき携帯料金が2,000円割引になるので1人で毎月2,000円、家族4人で全員ソフトバンクだと8,000円毎月割引になります。(2年間。3年目以降は1,008円割引きになります。)


仮に1人でソフトバンク光、携帯をsoftbankにすると・・・

フレッツ光東西の一番安い料金で考えても

ソフトバンク光の携帯2,000円割引きが効いているので月額料金だけで考えるとソフトバンク光の方が携帯と一緒に考えると安くなります!が、

softbank光の初期費用、工事費ですが、

初期費用が事務手数料で3,000円、工事費は新規でインターネットを利用する場合基本的には24,000円です。

で、この工事費は初回3,000円払って残りの残額を2年間の分割で払う形です。(875円×24回)
工事費、初期費用も一緒に考えると1人で使う場合だと実際のsoftbank光の割引は、


工事費分割875円-スマート値引き2,000円=割引額1125円


となり実質は月額料金と工事費を合わせると1,125円の割引です。(あくまで工事費がかかる場合。)なので状況によってはフレッツ光にシンプルに申込んだ方が安くなる場合もあります。

softbank光のまとめ


ソフトバンク光を新規で申し込む時に考えるのは


一人でソフトバンク光と携帯をセットにしてもフレッツ光と比べてもあまりお得にならない場合もある。

家族全員がソフトバンク光の場合だと4人家族とかだと毎月8,000円割引きになるので大分お得。


下記リンクはソフトバンク光の代理店へのリンクです。ソフトバンク光の料金、手続等のお問合せはこちらをどうぞ。




参考ページ
公式HP 光回線で超高速!SoftBank 光 (ソフトバンク光)
http://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/



U-NEXT光の料金やキャンペーン


u1

u2

U-NEXTはdocomoの回線を借りて格安スマホの提供をしており、U-NEXT光と一緒に格安スマホを利用する事で通常よりも携帯料金を割引にするサービスを提供しています!
光回線自体の値段もフレッツ光よりも安い場合の方が多いので、格安スマホ導入を検討している人はU-NEXT光一択かもしれないですね!

で光回線の月額料金ですが、


戸建て 4,980円
マンション 3,910円



です。上記は月額料金とU-NEXTが提供しているプロバイダU-Pa!の料金を合わせたものです。で、NTT東西のフレッツ光との比較ですが、

U-NEXT光とフレッツ光の比較


NTT東日本フレッツ光との料金比較


NTT東エリアの戸建ては月額料金が4,700円でプロバイダ料金が最低でも500円なので合わせて5,200円。なので戸建てはU-NEXT光の方が安いです!マンションはプランにより変動しますが、3,050円~4,050円にプロバイダ料金が最低でも500円なので、マンションは場合によってはフレッツ光の方が安いです。(具体的にはマンションタイププラン2の場合はフレッツ光の方が安いです。)

NTT西日本フレッツ光との料金比較


NTT西日本は戸建て料金はプロバイダが500円だと仮にすると4,310円、マンションも3,030円~3,920円とほぼフレッツ光の方が安く毎月使えます。

U-NEXTはLTE使い放題の格安スマホU-mobileを提供しているのでU-mobileとのセット割でお得になります!

U-NEXT光の携帯セット割「スーパーファミリーバリュー」


スーパーファミリーバリュー
http://bb.unext.co.jp/plan/sfv/

家族でまとめて割り引く方法と1つの回線で割り引く方法があるんですが、大体一つの携帯電話に対して300円~800円程度基本料金が割り引かれる形です!U-mobileは3大キャリアに比べて元々基本料金が安いのでそこからさらに割引きとなるとかなり安く携帯を使えます!

U-NEXT光をお得に始めるには


通常、U-NEXT光は工事費24,000円、U-NEXT光、U-pa!の契約事務手数料手2,800円取られるのですが、下記の代理店経由で新規申込の方は工事費が割引になり9,000円、申込特典として10,000円が貰えます。



振込先も電話で聞いてくれるそうなのでよくある開通後の特典を受け取る為の面倒くさい手続きみたいのはいらないのでかなり良心的です。

ただこの代理店経由で申込むとU-Pa!セキュリティパックというのに入らなくてはいけないらしく、戸建てで5,380円、マンション4,310円と公式HPで申込むよりも月額料金が400円高くなるのですが、それを考えても10,000円分のキャッシュバックが受け取られるのでここやっぱりお得です。公式HPだと工事費、初期費用がもろにかかってしまいますし、とくにキャッシュバックもないので。

現在U-mobileで格安スマホを使っている人や3大キャリアから格安スマホに変えようかな?U-NEXT光はお得になるかもしれませんね!格安スマホが気になる方は詳しく聞いてみても良いかもしれません!



so-net光の料金やキャンペーン


so

プロバイダ老舗のso-net(ソネット)です!so-netはプロバイダは割高な方の会社なのですが、光コラボに参入後、自社光回線so-net光は月額料金が安いです!まず料金を見ていきましょう!


so-net光通常月額料金
戸建て 5,700円
マンション 4,600円


です。が、so-netはauと提携し、auの携帯を使っている人はso-net光の月額料金が安くなります!

これがかなり安いのですが、具体的にいくら安くなるかと言うと、
auを使っている人は


戸建て4,000円
マンション 2,900円



で光回線が使えてしまうのです!

参考ページ
So-net 光 コラボレーションとauのセット割の割引金額・適用条件

フレッツ光は一番安いプロバイダでも東で戸建て5,200円、西で4,310円。マンションは東で3,550円~4,550円くらい、西で3,030円~3,920円なので


どう見積もってもso-net光の方が安く光回線を使う事が出来ます!


ちなみに携帯がauでない場合は戸建て、マンション共800円ほど高くなるのでそうなると他社の方が安い場合もあるので悩みどころです。

その他、初期費用は契約事務手数料の800円が最初の請求に上乗せされる形です。


工事費は24,000円を一括で払うか30回の分割にする形です。になります。月額料金はau携帯を使っていればかなり安いのですが、フレッツの工事費は15,000円~18,000円なのでso-net光の方が若干割高となっています。

が、so-netに直接申し込むともろに工事費がかかってしまうのですが、これも代理店経由だとお得に始められます。



so-net光を申し込める代理店を全て調べたのですが、上記代理店が一番お得です。
新規で申込むと12,000円が貰えます。

手順的には開通後に送られてくるキャッシュバック申請書に必要事項を記入して送ると90日後までにメールが来るのでそのメールに書かれているURLで手続をすると翌月末に振り込まれるそうです。ちょっと面倒くさいですが、12,000円貰って工事費に補填すればお得に始める事が出来ますね!

あまりso-net光はメディアで宣伝もしていないので認知度は低いのかな?とは思いますが、月額料金も安いので個人的にはオススメです(^o^)丿



excite光の料金やキャンペーン


e

プロバイダ最安値のBBエキサイトが提供しているexcite光です!光コラボに参入してからも売りは変わらず


とりあえずめっちゃ安い!


というのがポイントです。

しかも本当に使いやすさを追求しているのか、今ではもうネット回線の契約では当たり前になった最低利用期間とか解約金とかあるじゃないですか?それがexcite光は


一切ないんです!!すごいですよね!!


なので一人暮らしの大学生の方とか転勤を良くする社会人の方で家にネットが欲しい方なんかにオススメなのではないでしょうか?

で、料金なんですが、


excite光月額料金
戸建て 4,360円
マンション 3,360円



です!かなり安いですね!

ちなみにexcite光の月額料金以外の費用は新規の場合、事務手数料が1,000円、工事費が戸建てで19,000円、マンションで16,000円発生します


ただ携帯のセット割を考えている人はexcite光ではなく各キャリアの光コラボを使った方が安くなる場合もあるみたいです。


ドコモ光は戸建てで5,200円だが携帯とセット割にする事で2,000円くらい携帯料金が安くなる。しかも工事費はエキサイト光より安い。softbank光も携帯とセット割にするとdocomoと同じ感じの料金になる(工事費は発生する)。

auひかりは戸建て5,100円だがスマートバリューで携帯料金2,000円割引きになるし、工事費も実質無料なので携帯料金と一緒の月額料金、工事費あらゆる面でお得。

など、携帯とセットにするとエキサイト光でも安易にめちゃくちゃ安い!とは言えない場合もあります。

が、エキサイト光が何といってもすごいなと思うのは新規で申し込むと


最低利用期間や解約金、違約金などがない!


と言う所ですかね!他の会社だと2年ないし、3年程度の縛りがあるのが普通ですから、契約の仕方がものすごくシンプルなので一人暮らしの方や単身赴任でネットが必要な方なんかでこれからいつ引越すかわからない人なんかは利用しても良いかもしれないですね!下記公式ホームページです。









上記までが光コラボを利用してサービス展開をしている会社の紹介、比較です。
次の記事は続けて、auひかりや、各地方の電力会社とフレッツ光を比較しています。
特にオススメは

「auひかり」

です。
申込むだけで工事費が無料だったりキャッシュバックが高額だったりと光コラボでフレッツ系が工事費発生してしまう為今大変人気です。
詳しくは次の記事をどうぞ。
【講座】光コラボ全11社とフレッツ光を徹底比較!お得に申し込めるのは?2