bic01

 株式会社ビックカメラは、NTT東西が提供する「光コラボレーションモデル」を採用した光回線サービス「ビック光 powered by IIJ」を8月1日に提供開始すると発表した。7月23日よりビックカメラグループ全店(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ)で予約受付を開始する。

 上下最大1Gbpsで通信できる光回線サービス。サービス名のとおり、インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供するプロバイダーサービスを組み合わせて提供する。

 月額料金(以下、すべて税別)は、集合住宅向けのマンションタイプで3960円、戸建住宅向けのファミリータイプで4960円。初期費用は、すにでフレッツ光を利用しているユーザーで1800円、新規ユーザーで800円。また、新規で光回線を敷設する場合は、工事費用としてマンションタイプで1万5000円、ファミリータイプで1万8000円が発生する。

 ビックカメラのMVNOサービス「BIC SIM」とのセット割引を用意。BIC SIMをすでに契約しているユーザーや、新たに契約するユーザーを対象に、ビック光の月額料金を600円割引する。回線数によって割引額が変動することはない。なお、新規でBIC SIMを契約する場合でも、ビック光と同時契約する必要はなく、BIC SIM契約時のお客様IDを照合することで割引が適用される。

 8月31日まで提供開始記念キャンペーンを実施。上記の初期費用が無料となるほか、マンションタイプ、ファミリータイプともに、工事費用も利用開始から30カ月後に工事費用相当のキャッシュバック、またはギフト券の進呈を行うとしている。また、BIC SIMの割引キャンペーンも実施。BIC SIM側の月額料金を1回線150円割引する。適用回線は最大5回線まで。適用割引期間は24カ月

関連資料(pdf)
http://www.biccamera.co.jp/ir/news/pdf2015/pr-0716-bichikari.pdf