nuro

 ソネット株式会社は、光回線サービス「NURO」に10Gbpsプランを追加した。月額料金は9800円(税別)、契約事務手数料が3000円(税別)。東京都・神奈川県の一部エリア限定で戸建て向けに提供する。

 下り最大2Gbpsの光回線サービス「NURO 光」で採用されている伝送規格「GPON」の後継規格「XG-PON(10Gigabit Capable Passive Optical Network)」を採用し、下り最大おおむね10Gbpsを実現している。上りは最大おおむね2.5Gbps。

 プランは、宅内回線終端装置の種類によって2種類。10GBASE-Tポート×1、1000BASE-Tポート×3の有線LANと、IEEE 802.11ac/a/b/g/nのWi-Fi接続に対応したルーター機能が利用できる「NURO 光 10G W」と、10GBASE-Tポート×1のみでルーター機能なしの「NURO 光 10G S」。料金は両プランとも同じで、エリアによって提供されるプランが異なる。

 まずは、電話による申し込みを受け付ける。オンライン受付は後日提供予定としている。

 なお、ソネットによるとマンションタイプの提供は検討中だとしているが、現時点での提供はないとしている。また、提供エリアについては、1都6県内でのエリア拡大を予定しているが、具体的なエリアや時期については未定。

こちらもどうぞ!!
【講座】世界最速NURO光のわかりやすいまとめとお得な申込方法【随時更新】



参考URL
プレスリリース
http://www.so-net.ne.jp/corporation/release/2015/pr20150601_3068.html