西日本電信電話株式会社(NTT西日本)は18日、「フレッツ光」契約者向けのオンラインストレージサービス「フレッツ・あずけ~る」の提供を開始する。保存容量5GBまでの無料プランのほか、10GB~1000GBの5段階の有料プランが用意される。

flets


 PCやスマートフォン、タブレット端末、セットトップボックス「光BOX+(HB-1000)」などから利用できるオンラインストレージ。専用の無料アプリにより、PCの指定フォルダーや、スマートフォンで撮影した写真・動画などの自動バックアップが可能。サービス専用のメールアドレスにファイルを送ることでもアップロードが行える。

 ファイルをフォルダーごとに整理したり、任意のキーワードを設定してジャンル別に整理・検索することが可能。ファイルにはパスワードや共有期間を設定し、指定した相手とファイルを共有できる。契約者が複数の利用者IDを発行することで、家族や友人、職場などのメンバーと一緒に利用できる。

 ネットプリントジャパン株式会社のオンライン写真印刷サービスで、「フレッツ・あずけ~る」に保存している写真を指定して印刷の注文ができるサービスや、株式会社アイ・オー・データ機器の対応NASとの連携による自動バックアップサービス、メディアドライブ株式会社の名刺管理ソフト「やさしく名刺ファイリング PRO」で取り込んだ名刺データを保存・検索できるサービスなど、連携サービスも提供する予定。

 無料プランでは容量5GBまで利用可能。有料プランの月額料金(税別)は、10GBが100円、25GBが200円、50GBが300円、100GBが500円、1000GBが5000円。