冒頭で言ったようにインターネットをするためには契約が二社に必要だと説明しました。前記事で書いたインターネット回線会社、

そしてもう一つがプロバイダです。

プロバイダ会社とはインターネットをするための道路に入るための料金所をやっている会社だと思ってください。

通信回線を通じて企業や家庭にインターネット接続サービスを提供する「インターネットサービスプロバイダ」(ISP:Internet Service Provider)のこと。と、いうことらしいですw

目には見えないですがインターネットをしようと思ったらこのプロバイダを経由して見たい情報を皆さん見ているわけですね(^O^)

実はプロバイダは大小あわせて数百に及びます。
とりわけ聞いたことあるのが…

OCN
plala
so-net
BIGLOBE
B.B.excite
@nifty

などが聞いたことあるのではないのでしょうか?

これが以外に既存のネット使っている人にご自身のプロバイダを聞くと自分の使っているプロバイダを把握していない人が多いのです・・・。

家電量販店などの代理店経由で申し込みをした方にそういう方が多くいらっしゃる傾向があります。
恐らくキャンペーン等を受けるために代理店指定のプロバイダに強制的に入らされていることなどが原因だと思いますが・・・。

それぞれの会社で何が違うかというと、実は特にやっていることは何も変わりません。料金が大体500円~1500円程度で違いますがサービスに関しては特に差はないと感じます。

毎月の固定費に考えを置くとご自身でしっかりプロバイダの料金を把握してやすく抑えた方が1年スパン、2年スパンで見た場合は良いでしょう。(料金比較は今度まとめますね(´▽`))

なのでまとめると・・・

インターネットをしようとお思いの方は、
契約を回線会社とプロバイダ会社の2社にしなくてはいけない!


月額料金は・・・

回線使用料プロバイダ利用料月額利用料

になるわけです!!

次は各回線会社の料金比較をしていきます。

NTT東日本 フレッツ光

↓↓ランキング一位を目指します!↓↓
1票よろしくおねがいします!
ブログランキング・にほんブログ村へ